Skip to content

日本の水際対策

デングウイルイスを持っている蚊に刺されたことによって、直近で渡航歴や該当の蚊との接触が無い人物がデング熱を発症したことは2014年にとても大きなニュースになったことは記憶にも新しいです。そのため感染を受けたとされる公園の入場禁止や、公園内への殺虫剤の散布など厳戒態勢が敷かれていました。こうした国内でのデング熱の2次感染を受けて、改めて日本での国外からの病気の持ち込みに対する水際対策がどのようになっているのかは気になるところでしょう。
日本では海外への渡航者を対象に、空港内に検疫所を設けています。検疫所とは、国内に常在していない検疫感染症に対する検疫業務を行い、相談や予防接種なども行う場所になっています。検疫官が海外への渡航者を対象にすべての方と航空機に対して検疫を行っています。昨年大きな話題になったデング熱を始めとして、エボラ出血熱などに対しては潜伏期間があるため、血液検査を含めてサーモグラフィを導入し、発熱症状を引き起こしている方が居ないかどうかをしっかりとチェックしています。発熱症状が確認された場合は、正確な体温の検査や健康状態のチェックを行います。デング熱に関しては人から人への空気感染はありませんが、エボラ出血熱などの場合は血液などの付着で感染が広がる場合もあるので防護服なども用意されています。こうした検疫所の活動のみならず、海外渡航者に向けられたどのような感染症があるかなどのパンフレット配布なども行っており、予防にもしっかりと取り組んでいます。

Published in日本の水際対策

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です