Skip to content

他国と比べると

日本でのデング熱の発生状況と他国を比べてみると、どのような結果になるでしょうか。
まずデング熱の被害が発生している国は、熱帯や亜熱帯地域になります。蚊が年間通して群生していることで、ウィルスが蔓延しやすいといったことが起こります。その中でもアジア地域である、東南アジアや南アジア、中南米などでの報告が多いです。その他にもアフリカやオーストラリアでも報告があり、近隣国の中では中国や台湾などでも発生しています。全世界で見てみると、年間では約1億人がデング熱感染を受け発症しています。そのうち、約25万人がデング出血熱を引き起こしていると考えられています。国内でのデング熱の推移は、海外への渡航者数と日本人観光客が訪れる先でデング熱が流行しているかどうかも大きなポイントになっています。海外への渡航者数が多く、人気のある観光スポットがある国で流行していると帰国すると国内で発症するといったことが増加するのです。

Published in日本の水際対策

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です