Skip to content

日本での流行は

デング熱の日本においての流行は、蚊が発生する時期に合わせて高まります。初夏から夏の時期は蚊が大量に発生する時期です。蚊については気候に左右されているため、年間通して発症の報告はありますが、夏の期間は最高潮に達します。そのため夏に合わせて蚊に刺されないようにしておくことが重要になります。
そもそもデング熱のウィルスを持っている蚊は熱帯や亜熱帯地域に生息している蚊になります。本来では日本には多くは生息していないため、充分な対策を行っていないなどという現状が有りました。70年ぶりに東京都内での流行が確認されたデング熱について、今後の動向次第では日本でも大規模な流行になる可能性もあります。デング熱の感染を注意すべき小さなお子さんや年配の方がいる家庭では流行の情報について注視しておく必要があります。
感染症情報センターではデング熱の流行状況について、情報を発信しています。感染情報センターのホームページや窓口などで、流行状況についての詳細情報を確認することが可能となっているため、お出かけの際や公園などで遊ぶことを計画している際などには確認しておきましょう。この他にもハイリスク地域などの情報も提供されています。ハイリスクとは過去の発症者の意見を参考に、感染地域となった場所になります。報告されたらその地域には近寄らないようにするなどの対応も必要となるでしょう。また露出の多い服装は避けるなどの対処方法も必要となっています。

Published in日本での流行は

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です