Skip to content

治療薬はあるの?

ニュースや報道でデング熱のことが取り上げられると、様々な情報を手に入れることができます。対策法や蚊に刺されないために注意することなどは比較的簡単に把握することができますが、その一方で、蚊に刺された後にどのような行動を行えば良いのかということは不明確である場合が多いようです。実際にデング熱が発症した場合は、発症者や周りの人含めてどのように動けば良いのでしょうか。
まずは最寄りの病院へ行くようにしましょう。いきなり高熱症状が出るため、風邪などを間違わないようにする必要があります。人から人への空気感染しないもの特徴になっています。デング熱が発症した際に気になることは治療薬になるでしょう。デング熱が発症してしまった際に有効な治療薬については、無いというのが現状になっています。発症してしまった際には解熱鎮痛剤を使用するのが一般的です。サリチル酸系の薬では出血熱を引き起こす可能性があるためアセトアミノフェンなどを使用します。
今後のデング熱被害拡大を受けて、各製薬会社でもデング熱の治療薬を開発すると共に、蚊を寄せ付けないための忌避剤の開発が進んでいます。今後有効な治療薬が出てくることも期待できます。また忌避剤に関しても、更なる発展が期待できるため、将来的には普通に生活しているだけでも蚊に刺されることが無いような状況になることも実現するかもしれません。これらの発展を期待しつつ、現状では家庭に蚊を寄せ付けない、蚊に刺されることの無い生活を目指すようにしましょう。

Published in治療薬はあるの?

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です