Skip to content

日本の医薬品が活躍するか

デングウイルスに対する効果的な治療薬は現在ではなく、症状に対しての療法が中心となっています。デング熱が発症した際には解熱鎮痛愛を使用することが主ですが、出血傾向を増悪させデング出血熱を引き起こす可能性があるアスピリンやサリチル酸系統のものはを使用禁止されています。そのためアセトアミノフェンを使用するのが一般的となっています。デング出血熱を引き起こした際には適切な輸液療法を行うことが重要になります。循環血液量の減少と血液濃縮が発生するため、適切な処置を行わないとショック症状を誘発し、最悪の場合は死に至ります。輸液剤としては生理食塩水や乳酸加リンゲル液、新鮮凍結血漿や膠質浸透圧剤などが必要となります。
このようにデング熱に対してが現在では有効な治療薬が無いと言えます。日本では国内での渡航者からの2次感染が確認されたことにより今後日本国内で治療薬の開発を急ぐと発表されています。今後日本の医薬品が世界で活躍する日が来るかもしれません。

Published in治療薬はあるの?

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です