Skip to content

どんな症状が出るの

デング熱ウィルスはとても大きな話題になりました。2014年の重要ニュースの1つと言っても良いでしょう。なぜここまでの話題になったのかということは疑問に思う方も居るでしょう。
デング熱の最大の話題になった点はその症状になります。デングウイルイスを持っている蚊に刺されることで発症する病気です。蚊は日本においても身近な虫であり、刺されることも珍しくありません。そのため混乱を招きました。刺されるとすぐに高熱がでるわけではありません。最短で約2日から最長で約1週間~2週間の潜伏期間を経て発症するものになります。蚊に刺されたことを忘れた頃に症状が現れることも少なくないため、血液検査などを行わないと原因が分からないこともあります。
主な症状としては、38度を超える高熱症状になります。約1週間ほどこの高熱症状が続くため、大きな体力を消耗することが予想されます。この他にも筋肉痛や関節痛、めまいや頭痛、発しんなどの症状も現れます。注意しておきたいのが重症になった場合です。重症にまで発展すると、ショック症状を引き起こす可能性が高まります。最悪の場合は命に影響する可能性があります。またこの他にも出血を伴う出血熱を引き起こす可能性もあります。これらの重症症状の場合は危険性が高まるため、あらかじめ蚊に刺されることの無いように注意しておく必要があるでしょう。対処できる方法はいくつかあるため、対処の手段を知り備えて置くことが安心につながります。

Published inどんな症状が出るの

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です